くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

じゃがアリゴならぬ『コーントット』と『キムタマン』を作ってみた!

2月も後半となり、大学生は春休み真っ只中。

長期期間で時間も沢山あるので、何か面白いことをしたい!と考えて、市販品を自己流でアレンジしてオリジナルお菓子を作ってみることにしました ^ ^

最近流行りのオリジナルお菓子『じゃがアリゴ』の様に新たな流行となり得るお菓子を作るべく試行錯誤。

 

じゃがアリゴとは…!?

今若者の間で人気のアレンジお菓子のこと。

じゃがりこの中にさけるチーズを裂いて一本入れてお湯を150ccいれる。蓋をして数分待ち、混ぜるとチーズマッシュポテトのようなものになる!

じゃがアリゴはバイト先でも大学内でも流行っており人気絶大である。私も一口頂いたが、病みつきになってしまいそうな美味しさだった♪

 

 

今回はそれに対抗するため、オリジナルお菓子を考え出した!

その名も

『コントット』と『キムタマン』

f:id:kumono7genme:20190221191722j:image

(これらのネーミングセンスについては触れないで頂きたい( ´_ゝ`)

良いネーミングが思いつかなかったのだ…

コントットはまだしも、キンタマンは完全に下ネタとか言わないでくれると助かる)

 

 

『コントット

まずはこれだ↓↓

f:id:kumono7genme:20190221191743j:image

用意したものはおっとっとうすしお味とコンポタージュコールスローサラダ。全てセブンイレブンで買うことができます!

 

  1. おっとっとにコンポタージュを入れて1分ほど置く。
  2. おっとっとがふやけたのを確認後、よく混ぜる。
  3. コールスローサラダを入れてさらに混ぜる。
  4. 完成!

 

注意点: おっとっとが底に溜まりがちなので、全体によく混ぜるようにする。

 

意外とコールスローサラダのポタージュ味という感じでいける!

おっとっとはふやけると底に溜まり、又お腹にも溜まってしまうので、パリパリな方がアクセントになって良かったかもしれない。

実際ご飯にかけると合いそうな気がする!

 

 

『キムタマン』

用意したものはチーズ味のカリカリコーンキムチゆで卵

f:id:kumono7genme:20190221191821j:image

  1. チーズ味のカリカリコーンにお湯を約180ccいれる。
  2. 5分ほどふやかしたのを確認後、混ぜる。
  3. 潰したゆで卵を入れる。
  4. キムチを入れて全体を混ぜ合わせる。
  5. 完成!

 

f:id:kumono7genme:20190221191901j:image

カリカリチーズにお湯を入れると、ポテトの様になりいがいといける!

更にゆで卵とキムチを入れる事で簡単自家製おやつに。

 

 

レビュー

コントットキンタマンは事前にネットで調べる事もせず完全に思い付きによる自己流アレンジ。

『コントット』は実際にコンポタージュの味が強めなので好きな人は結構いそう。炭水化物や食物繊維の入った食べ応えある一品なのでおやつにピッタリかもしれない!

『キムタマン』は個人的にはあまり好きではなかった。( ; ; )味は悪くないと思うのだが、ポテトの様に膨れたカリカリチーズの食感が好みではなかった…。

 

結果的には、市販のありのままの状態の方が美味しいと感じました…(;´д`)

 

初めのうちはコントットも美味しかったが食べていく内に飽きてしまった。やはり市販のままがいいと感じてしまったからでしょうか…。

市販品はきちんと各お菓子メーカーの新商品開発部の皆さんが考えて開発しているだけあって、美味しいですよね ♪

 

きちんと最後まで頂きましたよ!!

皆さんに誤解して欲しくないのは、

今回はオリジナルのお菓子を作ってみようという企画であって、食べ物で遊ぶ様な事は断じてしていません!

今後もオリジナルお菓子を作ると思いますが、美味しくできたら是非配信していきたいと思います!

 

という事で、市販品はそのまま食べるのが一番美味しい!という結論に至りました ( ´ ▽ ` )

 

 

それでは。

なつねより。