くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

【必見】大学生が授業選択する時の傾向を調べてみた

大学生がどのように履修選択する教科を選ぶか知っていますか?

 

 

実は選ぶ基準として多くの人が単位の取りやすさで考えています。

実際、私の大学ではほとんどの人が先輩の意見を参考にして、どの単位が楽単かをリサーチしてから授業を選ぶのです!!

 

 

f:id:kumono7genme:20190202115901j:image

大学生は、自由に受けたい講義や授業を選択できるというのはみなさんも知っていますよね。

今回は履修について徹底解説していきたいと思いますね。

 

講義と授業の割合

私の大学では建築系や理工系、環境系の学科でも講義の割合は約2割ほどです。


ただ、私の理系大学では
講義:授業=1 : 9
と、殆ど授業でしたね。

 

実際に私の場合は1年間に49単位取得し、そのうち講義で取得した単位はわずか3単位という驚異の少なさ。

 

講義では主に何をするのか

f:id:kumono7genme:20190202120029j:image

講義ですることは主に一つ!

 

先生の専門的な話を聞いてレポートを提出するだけ!基本的に学期末テストはありません。


しかし、レポートと言っても毎週「1000文字以上」や「a4の用紙に一枚分」などと文字数の条件と共に数多くの提出課題が出されます。


授業の感想、文献で調べた内容などについてまとめたりと面倒くさいものもあるので、課題を溜めがちの人は講義を取らない方がいいかもしれません。

 

レポート提出は必ず指定された期限内に提出しなければなりませんが、ここで文章力を鍛えるのもいいかもしれません笑

 

履修として講義の人気度は!?

f:id:kumono7genme:20190202115933j:image

これだけ講義のダメ出しをしてきましたが、正直人気はあります!!!

 

大学生になると他の教科でも課題や宿題が出されるので、一週間にレポート1〜2枚程度出されても大したことないのです。

唯一、講義を履修する時に悩むことは

授業は最低限出席すればいいのに対して講義は必ず出席しなければいけない。

ということです。もちろんテストがないというメリットもありますが、時間を縛られるということで講義を履修しない人もいます。

 

 

授業の選ぶ基準とはいかに!?

f:id:kumono7genme:20190202120129j:image

 

基準は主に5つ

  • 教授
  • 友達
  • 時間帯
  • 評価方法
  • 課題

 

教授によって異なる授業

1年次は学部毎に授業をしている教科が多いため、クラス分けされています。

同時に同じ授業を行うため非常勤講師や教授が大勢います。つまり、少人数制ほど先生も多くなり、その分やり方も様々あります。

 

  • ある先生の授業は毎週課題を出される一方で別の先生は全く課題を出さない
  • テスト対策問題を配布してくれる先生としてくれない先生
  • 出席日数を単位取得に必要性を出す先生と出さない先生
  • 授業中に休憩を入れる先生と入れない先生
  • 成績でAをくれる先生とくれない先生

 

などと、教授によって異なる点が多くあります。再履修をする際はどの授業にも参加できますが、基本的に自分が履修を受ける場合は出席番号や成績順で振り分けられたクラスに決められています。

 

そのため、先輩からの情報は最も大切なものとなってきます。

 

友達の必要性

自分が受ける授業に友達がいないと不便なことがよくあります。もちろん、前期の授業では友達がいないという状態は良くあるでしょう。

 

しかし、後期になって履修した教科に友達がいないとぼっちになる可能性がたかいです。

基本的に授業では私語がなく、授業を受けたらすぐに次の教室に移動しなければいけないので一週間に一度の授業ではグループの輪に入ることは少し難しいかもしれないですね。

 

 

しかし友達がいるだけでやる気も変わります!

  • 授業の内容がわからなくなった時
  • 課題の確認をしたい時
  • 授業に出席できなかった時のノートを見せてもらいたい時

同じ先生でないとテストの内容が異なることもあるので、クラスに1人は友達を作ろう!

 

本当に受けたい授業

f:id:kumono7genme:20190202115947j:image

大学の時間割は人によってかなり違います。

 

例えば一限目と四限目しか授業がないと、四時間以上の空き時間ができてしまいます。

 

もし四限目が選択科目の場合、本当に受けたい教科でないと徐々にサボり気味になってしまいます。一方で四限目が必須科目で受けなければならない場合、空きコマに適当な教科を履修してしまうと落胆に繋がってしまいます。

 

私もプログラミングという訳の分からない授業を受けてしまったせいで、テスト期間中は他の教科の勉強に時間が避けず、おろそかになってしまったことも…

 

評価方法

成績は教科によって評価の方法が全く違います。

期末考査が100%で成績を決める教科もあれば授業:テスト=5 : 5、授業内テスト:期末テスト:出席日数:提出物=1.5 : 6 : 1 : 1.5となることも!

 

このような情報はネットに載っているので事前に確認することは必須!

 

最後に

同じ教授なら毎年、似通った授業やテストが行われます。

大学によって異なる点もあると思うが、履修選択をする時は先輩から情報を聞いた上で選ぶことがベストだろう。

 

他にも気になることがあればコメント欄に!

それでは、なつねより。