くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

【大学のテスト勉強は難しい⁉︎】過去問でテストを切り抜ける方法について大公開!

学生といえば、テスト勉強ですよね。

今の時期私の大学では後期テストが行われています。

後期テストさえ終われば、春休み!!

待ち遠しいですね〜。^ ^

 

という事で、今回は大学のテスト勉強について書いていこうと思います。

 

テスト勉強に必要な日数

f:id:kumono7genme:20190113172641j:image

皆さん、テスト勉強は何日前から始めていますか?

 

私の場合は1週間前から勉強を始めていますが、十分テストに間に合っています。

これが短いのか、長いかは個人差だと思いますがテストは効率よく勉強さえすればたとえ範囲が広くても高得点を出せます。

大体の人が効率良く集中的に学習をすれば、1週間で事足りると思います!

テスト勉強に費やす期間は量にもよりますが、あまり気にせずとも今までと同じでOK。

 

小・中・高校と大学のテストで大きく違うのは、教科の多さ範囲の広さ、そして内容の難しさです。

 

今まで闇雲にテスト勉強をしていた人もいらっしゃるかと思いますが、

大学でも同じように勉強していては、落単(単位を落と)してしまうかもしれませんよ(笑)

 

 

そこでテストを受けるにあたってのポイントを大公開!!!

 

以下に紹介するポイントは、上下関係の繋がりが強い大学生ならではのものではないかと思います。ポイントに挙げた事をしない方もいますが、断然ポイントを抑えて行動した方が上手くテスト勉強が出来るので、オススメです。

 

 

その一、先輩から過去問をもらえ!

f:id:kumono7genme:20190113172653j:image

大学のテストは教授によって傾向が全く違いますが、逆を言えば教授が同じであればテスト問題もほぼ同じ事が多いです。

何故なら、長年同じ大学で同じ事を教えている教授にとっては、テスト問題をその都度大幅に変更するのは面倒な作業だからです。


つまり同じ学科の先輩から過去問をGETすることができれば、不合格になることはないでしょう!

 

大学によっては、過去問を回してくれるサークルや部活も存在するので、そういう意味では同じ学科の先輩が多く在籍するサークル・部活には入っといて損はありません。

 

授業には出ているのに私の学科には1年の1学期から全教科落単している人がいましたね…。

大学では落単してしまうと、後で取り直したり評価が下がってしまって研究室や就活に影響する等と後々悪い影響が出てきてしまいます。

大学のテストはそれほどテストが大切になってくるのです。

 

勿論担当している講師によって過去問が当てにならない講義もあるので、そこはあらかじめチェックが必要です!

 

 

その二、先輩から聞き出せ!テストのポイント

f:id:kumono7genme:20190113172712j:image

テストの問題用紙を必ずしも返してくれるとは限りません。

問題用紙も回収される 過去問が出回らない

そんな場合は先輩から直接、教授の講義の評価の仕方や点の取りやすさ等の話を聞くのがベスト!!

テストの難易度、実際のテストに出た範囲、点の取りやすさを事前に把握しておけば準備万端ですね ^ ^

 

 

その三、先輩のノートを見せてもらえ!

f:id:kumono7genme:20190113172726j:image

過去問だけでなく、先輩のノートも重要な資料です。

自分のノートと先輩のノートを見比べることにより、より大切な箇所をピックアップすることができます。

少しでも点数をあげたい方は是非先輩からノートを貸してもらいましょう!

 

 

これら3点のポイントを抑えることで、大幅にテスト勉強の効率を上げられます。

 

やはり、中高以上に大学の上下関係には強い結びつきがありますし、歴史、伝統と共に代々過去問が受け継がれています。

 

先輩に伺う時、図々しいと思われないか不安に思うかもしれませんが、そのまま「過去問やノートを見せて欲しい」と普通に言って全然良いと思います(^ ^)

先輩達もそのまた先輩にお世話になってきているはずなので、不安に思う事はありません!

 

几帳面な先輩は今までのテスト用紙やノート、レポートをとっているので、まずはダメ元で色々な先輩に伺いましょう!

人によってはタダで教科書も貰えちゃうかもしれません(^ ^)

 

先輩にテストの過去問をもらう時の注意点

入学して2.3ヶ月経つとすぐに中間考査があります。

先輩に「授業でやったこの部分がすごく難しくて、、、昨年はどんな感じに出題されたのですか」とテストの相談をしつつ過去問をもらえるか伺うと良いです。

 

その際注意する事は感謝の気持ちを持つこと

「先輩 & 後輩」という立場なのでどんなに仲良くても礼儀は忘れないように^ ^

 

私の知人で、毎回先輩から過去問をもらっているにも関わらず御礼も何もしない子がいましたが、途中から流石に先輩から見放されたようで連絡が途絶えてショックを受けていました。

 

頂けるのを当たり前と思わずに、礼儀と感謝の心を忘れず、先輩と仲良くなれると良いです ♪

感謝の意を込めてお菓子などを渡すのもいいかもしれませんね!

 

 

最後に

大学のテストは、テストの結果が成績の殆どを占めているため、かなり重要なものになってきます。

成績の付け方で授業点が0、期末考査が100%というものも少なくありません。

 

そういった講義では、悪い言い方をすればテストさえ良ければ授業は受けなくても良いのです。

 

実際に教科書を読めば理解できる内容の授業であれば出席率はかなり下がりますね。

確かに内容が分かるのであれば講義を受ける時間は無駄ですし、

教授も理解している授業であれば出なくても良い、効率の良い時間の使い方をしろと、推奨しています。

 

また普通の高校では学ぶことの出来ないプログラミングや偏微分、重積分環境工学、電気回路等の講義は、初めて授業を聞いても理解できないこともあると思います。

 

そんな時は

  1. 先輩から過去問をもらう
  2. 先輩からテストに出そうなところを聞く
  3. 先輩からノートを見せてもらう

これだけでもかなり点数が上がるはずです。

 

自分の実力だけでテストに挑むのも良いと思いますが、情報はあるだけあっても無駄ではない為、先輩からテスト情報を得るのはかなりためになります!!

 

大学においては単位さえ取れれば勝ちなので、皆と協力してうまく切り抜けていきましょう!!

 

それでは、ナツネより。