くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

【ツアー中にトラブル発生!!】オーストラリアで自然満喫の旅③

オーストラリア旅行四日目となり、帰国の日も近づいてきました。

 

本日は気球体験グリーン島へ行くことに!

しかし、トラブルが発生してしまいちょっぴりスリリングな一日となりました!

f:id:kumono7genme:20181221230512j:image

 

 

四日目

気球体験ということで朝の3時半ごろに起床。まだ夜は暗いにも関わらず、4時丁度に日本人ガイドさんがお迎えに来て、バスで1時間程山道を進んでいきました。

 

朝が早くて辛かったものの、日本とは違い上を見上げると、満点の星空!

すごくロマンティックな気分になりました✴︎

 

バスで1時間といっても山道に沿って走るので、車酔いしにくい私でも少し酔ってしまいました…(>_<)

気球体験するなら酔い止めが必須かもしれませんね!

 

5時過ぎ…

ついに巨大な熱気球を4つ発見!

到着した時には特大ガスバーナーを使って気球を膨らませていました。

 

気球自体、生で見たのは初めてだったので高揚感で一杯でしたね^ ^

 

2、30mまで近づいてみると、

体がポカポカに!

ガスバーナーが付いている瞬間は目の前にヒーターがあるかのような暖かさが感じられました(o_o)

 

f:id:kumono7genme:20181218083436j:image

徐々に気球が膨らむ瞬間を見ているだけでも、興味深い!

本当はスマホに収めた動画を皆さんに見せたい!!!

 

そしていつの間にか、周りも明るくなってきて、気球の準備も整い乗ることに…

 

熱気球と結び付けている紐を解いて、

いざ出陣!

 

ふわっと気球が浮かび、下を覗くと地面ギリギリを進んでいる。

 

そして一気にガスバーナーを点火し急上昇!

f:id:kumono7genme:20181218145755j:image

 

徐々に気球が浮かび上がり、他の気球から離れていきます。

スピードは大して早くはないけれど、小さな持ち手が二つあるだけでベルトもない。

前のめりになって落ちてしまったら一溜まりもないですね…。

命綱のない、死と隣り合わせの体験です!

 

f:id:kumono7genme:20181218173305j:image

朝焼けの美しさと静けさにになんだか、世界は平和なんだなぁと思わされましたね^ ^

神秘的な雰囲気で目が離せませんでした!

 

それでも高いところはあまり得意ではない私。気球の真下を見ることはできませんでしたが、なんとか写真にしっかりと収めることができました( ^ω^ )

f:id:kumono7genme:20181218173854j:image

どの気球よりも空高くまで上昇。

 

なんと飛行時間が30分間のツアーだったのですが実際の飛行時間は1時間以上!

現地の操縦士さんがおまけで時間を伸ばしてくれたのでしょうね。景色がとても美しくて最高の思い出となりました!

 

最後に着地後、90度に倒れた熱気球。

f:id:kumono7genme:20181218180925j:image

ゴロンと転がってカゴから脱出しました。

そのあとは気球の球皮と呼ばれる袋の部分を15人ほどでたたみ、片付けのお手伝いをして熱気球体験は終了!o(^ - ^)o

 

朝の時間帯は長袖のパーカーを着ていてもかなり寒かったのですが、日が上がるとそこまで寒くはありませんでした。

また、天候も良く気球日和( ^ω^ )

 

実際は1時間以上飛行体験をしましたが、それでもあっという間に終わってしまった気球体験。

もし、熱気球に乗りたいという方は、30分のコースよりも1時間コースをおススメします!長時間飛行でかなり高度の高いところまで連れて行ってくれますよ!

 

正直、高所恐怖症気味の私でもスリルを味わい楽しむことができました!

朝が苦手な人は起きるのが辛いかも知れないが、最高の思い出になるので皆さんも一度は気球に乗ってみてはいかがでしょうか?

 

 

その後は高原をバックに朝食!

ワインやパン、トマトの丸焼きなどを食べて一休み。

 

 

問題発生

一通り、気球体験が終わったのが朝の10時頃…。

 

そうなんです!

時間的にはまだ1日が始まったばかり!

ということで、予定ではこのままグリーン島へ行く事になっていたので、移動しようと思っていましたが……

 

ここで問題が発生!

 

「熱気球&グリーン島」のツアーを申し込んだのですが、熱気球側のスタッフには「熱気球体験のみ」という情報しか入っていませんでした!

幸い、スタッフの中に日本人がいたので今後の動きを考えてくれました。

 

ここではツアーの予約をした会社の方に直接話さないと何もわからない、ということで電話を視野に入れて考えたのですが…

 

相手が外国人の場合、会話ができない。

国際電話になるので通話料が高くなる。

 

ということで、電話はしないままグリーン島行きの船乗り場へ直行することに。

一度ホテルに戻ることを考えつつ、何時発のフェリーかもわからなかったのでとりあえず、フェリー乗り場へ!

 

日本人ガイドさんがチケットの予約が取れているか確認をしたところ、、、

 

予約はしっかりとされているとのことヽ(^o^)

(一先ず安心したものの、あとで現地にあるツアー会社にこの件について報告しておきました。決してクレームではなく、今後このようなことが起こらない為の現状報告ですよ(^^))

 

この件で救われたのは、熱気球のガイドさんが日本人で最後まで面倒を見てくれた事ですね。本当に感謝の気持ちでいっぱいです♡

 

そして本来のツアーとは合流せず、チケットのみを受け取って個人で行くことにしました!

 

グリーン島へ

グリーン島まではおよそ20〜30分ほどで到着。

フェリーの中でシュノーケリングを貸してもらえるのですが、その際保険として20ドル払います。(もちろん、返却時に20ドルは帰ってきます。)

f:id:kumono7genme:20181221150512j:image

海も空も青くて綺麗ですよね!

将来、こんな場所に住めたら幸せです〜。

 

グリーン島に上陸し、散策していると3、4店舗の飲食店があり賑わっていました。

私もここでカンガルーの肉が入ったハンバーガーとポテトのセットをいただきました!

 

さらにデザートとしてアイスクリーム専門店もありましたね。

行列とまではいきませんが、そこそこ並んでいて人気店の一つでした。

f:id:kumono7genme:20181221151739j:image

 

 

そして、海へ!

 

やはり外は暖かいけれど海水は冷たくて、中々肩まで入れませんでしたが、徐々に慣れて海の方が外よりも暖かく感じるように。

 

海の中を覗くと…

 

小さなお魚さんが沢山いました!

海水も濁っておらず、グアムの海のようでしたね。(以前、グアムに行ったときと比べて)

 

綺麗な海水だと視界も良好で色々な魚を発見することができ、とても楽しいのですが…

中にはウツボのような黒い物体(ナメクジが巨大化したような)もいて、少々気持ち悪くて鳥肌が立ちました、、

 

2時間弱泳いだら帰りの時間になってしまい、なんだかあっという間。

最後に人気のない所まで歩いていき、この景色も見納め…

f:id:kumono7genme:20181221152949j:image

 

 

そして、グアム市内へ戻ると急に睡魔が。

流石に3時半起き&シュノーケリングは疲れました…。笑

 

一度ホテルに戻り、お風呂に入って休憩。

 

 

夕飯

その後は市内中心部へ戻り夕飯を食べに!

海沿いにいくつか美味しそうな店舗が並んでいたので、入ってみることにしました。

f:id:kumono7genme:20181221153440j:image

カンガルー、クロコダイル、エミュー(ダチョウのような鳥)のお肉を注文。

 

予想以上にワニのお肉が柔らかくてびっくり!

ジャーキーでしか食べたことがなく、前々から食べたいと思っていた念願の肉を食べる事が出来、幸せ。

もちろん味も良く、何本でもいける食べやすさ!

 

食後はお土産屋さんをのぞいて夜の10時ごろにホテルへ帰ると…

 

ホテルの前に外人さんを発見!

英語で会話すると、鍵が開かないと。

そこで私持っている鍵で開けると、「ありがとう」と言って帰っていきました!

 

これが不思議なことに2日連続、夜の10時過ぎに同じ外人さんが門の前に立っていました!!さらに2日目の夜には日本語で「名前は?」と聞かれ、、、

びっくりしすぎて声が出ませんでした。

せっかく声をかけてくれたのに、会話出来ず無念。

 

明後日の朝にはケアンズ発の飛行機に乗らなければいけない為、五日はお土産探しにいきたいと思います!

 

それでは。

ナツネより。