くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

懐かしき初代プリキュアが今人気急上昇中の理由!!【祝15周年】

 

皆さん、プリキュアって覚えてますか?

 

幼児に大人気の少女向けアニメですよね!

 

仮面ライダーと共に長く愛されているこのアニメ、最近その初代キャラクターが人気だという事を風の噂で聞きました。

 

初代キャラが放送されていたの、私が小さい頃だったので、14,5年前の事です。

そんな昔のキャラが今になって人気らしいんです!

………( ̄∇ ̄)?ナゼ?………

 

そこで、

今回はプリキュア初代が何故今になってまた人気なのか、考察してみようと思います!!

 

 

プリキュアとは

まず、プリキュアをご存じない方向けに、説明からしたいと思います。

 

プリキュアとは、10年以上も続く大人気少女向けアニメ!

プリキュアシリーズとは、テレビ朝日系列で2004年(平成16年)から放送されている日本の女児向けアニメシリーズである。

テレビ朝日系列で『明日のナージャ』の後続作品として2004年(平成16年)に放映された『ふたりはプリキュア』の大ヒットから端を発し、以降10年以上にわたってシリーズを重ねている。(15年目の2018年(平成30年)は『HUGっと!プリキュア』を放映中)。(wikipediaより)

 

明日のナージャの後続として制作されたんですね!

初めて知りました、wikiさんありがとう。

明日のナージャとかめっちゃ懐かしい!

あんまり覚えてないけど、当時観てたなぁ。

 

そうなんです、プリキュアシリーズの一番初めは、『ふたりはプリキュア』。

一番流行った世代なので、個人的にも思い入れがあります。

 

wikiさんによると、当初はシリーズ作品の予定はなく、単独作品だった模様。大ヒットしたおかげで、長期シリーズになっていったんですね。

確かにめっちゃ人気でしたもん。(´∀`*)

 

設定としては、

「ごく普通の少女が妖精に助けを求められ伝説の戦士[注 3]と呼ばれる『プリキュア』へと変身し、妖精の世界や異世界[注 4]を支配した悪の組織を倒して平和を取り戻す」

というもの。

(wikipediaより)

まぁ良くある悪を倒す正義のヒーローの女子バージョンですね。

 

プリキュア初代

f:id:kumono7genme:20181216182437j:image

(東方アニメーションより)

最近またブームになっているプリキュア初代とは、ふたりはプリキュア』に出てくる"キュアブラック(美墨なぎさ)"と"キュアホワイト(雪代城ほのか)"というキャラクター。

(基本的には同シリーズに登場するプリキュアキャラクターの名前はキュア○○となっています。)

 

見た目からも分かる通り、性格が真反対の二人。

この二人が力を合わせて悪に立ち向かっていきます。

2人っていうのが丁度良いんですよね!

これが3人とかだと、また少し違ったと思います。

(続編の『ふたりはプリキュアMaxHeart』では3人となっています)

よく「私はなぎさ派、いやいや私は断然ほのか派」とか言っていたものです。

どちらかと言うと、ほのか(キュアホワイト)の方が人気でしたね〜!

 

こうやって見ていると、懐かしき歌が頭の中で流れてきます……

プッリキュッア プッリキュッア ふッたりッは プリキュア〜♪

(ふたりはプリキュアOP、DANZEN!ふたりはプリキュアの冒頭部分)

 

初代キャラの人気急上昇

何故また今になって人気になったか、

それは、最近『HUGっと!プリキュア』にキュアブラックキュアホワイトが出演したから。

 

どうやら2004年から始まった同シリーズが15周年を迎えたという事で、初代プリキュアと現プリキュアがコラボしたという事。

 

これ、結構凄い事なんですよ!

よくあるシリーズ作品とは違って、プリキュアシリーズは基本的に前後で世界観・登場人物が変わる為、同じシリーズとは言えども違う作品なんです。

まさに、コラボというのが適切かと。

 

更に10月27日(土)から放映している『映画HUGっと!プリキュアふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』でも出演しているようです。

しかも今作では、主題歌がDANZEN!ふたりはプリキュアのアレンジ曲となっています。

これは見逃せませんね!!!

(もう放映している映画館は少なくなってきていると思うので、見逃してしまった方はBlu-rayの発売を待ちましょう!)

祝15周年

ということで、今年はシリーズにとって節目の年だったんです。

 

15周年アニバーサリーフェアやグッズが売られているようなので、この際また見てみるのも良いかと!

また小さなお子様がいらっしゃる家庭なら、お子様に見せて、親子ではまるのも素敵ですね。

 

それでは。

ナツネより。