くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

商品の梱包。これでクレームなんて言わせない!!【フリマアプリ】

フリマアプリ市場は年々拡大傾向にあります。

ここまで利用者が増加したのは、フリマアプリの手軽さが大きいでしょう。

またアプリの種類もメルカリやラクマヤフオク等豊富にあり用途に合わせて使用できるのも要因の1つ。

 

初心者でも簡単に売り買いする事が出来るので、誰でも簡単にフリマを楽しめるようになりました。

 

しかし初めてフリマアプリで出品した場合、商品をどの様に梱包すれば良いのか分かりませんよね。( ;  ; )

 

そこで今回はフリマアプリ特集として、

商品の梱包資材や注意点について書いていきたいと思います。

 

 

まずは梱包資材をチェック

f:id:kumono7genme:20181209191003j:image

いつも私が使用している梱包資材をご紹介します。

出来ればフリマアプリを継続して使う予定のある方は常備しておくと良いでしょう。

 

  1. 緩衝材
  2. OPP袋
  3. 角形封筒
  4. 不織布収納袋
  5. はさみ
  6. セロハンテープ
  7. OPPテープ
  8. 定規
  9. はかり
  10. 段ボール

 

  4.  不織布収納袋以外はよく梱包に使用される代表的な物です。

 

  1. 緩衝材

所謂プチプチと言われる物ですね。

配送中の商品の破損や傷が付くのを防ぐ為に使用します。

 

  2.  OPP袋

無色透明なビニール袋で、透明フィルムを袋状に加工したもの。

よく雑貨店や100均等のお店で見かける商品を包む薄いビニール袋もこれです。

特徴的なのはOPP袋のもつ防水性

 

商品を発送する際は、OPP袋を使用するのがおすすめ!

何故なら商品が濡れないようにするため

天候が雨の場合、袋に入れただけだと商品自体が濡れてしまいますよね、それを防ぐ目的です。

発送する日の天候が雨ではなくても、配送中に雨にあたる可能性もあるので、毎回OPP袋を使用した方が◯。

またOPP袋なら透明なので中の物が綺麗に見えるのが良いですね。

 

  3.  角形封筒

A4サイズの入る角2を持っています。

A4サイズの封筒を持っていれば、クリックポストやゆうメール、普通郵便等の配送方法に対応しているので便利ですよ。

 

中には少々値段が高めですが、元からクッション材が中に入れられている封筒もあり、自分で緩衝材で包む必要が無い為楽チンです。

 

角形封筒がない場合はビニール製のショップ袋(本屋やアパレル店など)を代用しています。

 

  4.  不織布収納袋

よくショップで衣類を買った際に包む布です。

皆さんも見かけた事あるのではないでしょうか。

これはわざわざ買うほどではありませんが、あったら便利ではあるかなと思います。

(使わない方も多いのであくまで参考に。)

私の場合、ショップで貰った物を貯めて使用しています。

 

  5.〜7.  はさみ、セロハンテープ、OPPテープ

商品を梱包する際に必要。

セロハンテープは剥がしやすい半透明のもの。

OPPテープはOPP袋と同じく防水性に優れた薄いビニール膜のテープの事。

 

ただ慣れないと指紋やシワが目立ってしまったり、本体の切り端が何処か分からない等と使いづらいので、コツが必要です。

ガムテープでも代用できますが、OPPテープの方が透明なので見た目が良いです。

またクリックポスト等の紙を貼り付ける場合はOPPテープが有効です。

 

OPPテープの綺麗な貼り方

3M ガムテープ 梱包テープ 重量用 48mm×50m カッター付 315DSN
 

私なりのコツをご紹介します。

 

テープの片端を貼りたい場所に貼り、定規で押し空気を抜きながら貼り付ける。

(定規出なくても平べったく固さがあり、適度に細い物なら何でも良いかと。手でも全然大丈夫です。)

この時テープは巻きから切り取らずに少しずつ伸ばしながら貼り、最後に切り取る。

 

これでも難しい方は、OPPテープ用のテープカッター(ディスペンサー)を使うと梱包がスムーズにいくかと思います!😊

 

  8.〜9.  定規、はかり

商品の梱包方法を決める際に必要。

サイズや重量を知る事により、出来るだけ送料を抑える事が出来ます。

 

  10.  段ボール

商品が大きい物や精密機械の場合は、段ボールに箱詰めします。

サイズの小さい精密機械でも、

配送中に破損すると良くないので丁寧に梱包し緩衝材で周りを埋めて動かないようにし、補償や保険のつく配送方法で送ります。

 

 

上記のご紹介した梱包資材はほとんど100均でも手に入れられる物ばかりです。

商品が売れた後に梱包資材を準備すると案外時間がかかってしまうので、事前に準備しておきましょう。

 

梱包する際の注意点

  • 商品は出来るだけ綺麗な状態に
  • 傷が付かないように保護する
  • 箱付きの商品は、箱も商品の一部
  • 見た目を綺麗に
  • 一言添える

 

商品は売れた際に状態をもう一度確認し、出来る範囲で綺麗な状態に。

(勿論出品の際もしますが、販売するのですから買い手に綺麗な状態で渡したいですよね。最終確認をしましょう。)

 

・梱包資材の欄でも言いましたが、緩衝材で包むのはマナーです。もし配送中に破損した場合は、最悪取引のキャンセル、払い戻しもあるので気をつけましょう。

 

・箱付きの商品の場合、

その箱自体で梱包をしてラベルを貼って配送する方がいますが、箱付きで出品する以上箱も商品の一部なので、箱をまた別の袋or大きめの箱に詰めて配送するのが◯。

 

・受け取った時に商品の梱包が汚いとがっかりしますよね。(・_・;)

梱包の際に埃や髪の毛が入り込んでないか確認をし、綺麗に包む事を意識するのが大切

 

余力があれば、

商品に一言添えるとより丁寧で気持ちの良いお取引が出来ます。

f:id:kumono7genme:20181209211408j:image

画面上の文面でも充分ですし、クリックのみの簡潔な取引の場合もあるのでその場に合わせて好みですると良いと思います。

 

 

実際に顔を見ないフリマアプリの取引は、普通のフリマとはまた別の気を遣いますよね。

梱包は重要な作業なので、その都度どんな梱包方法が良いか考えながら頑張りましょう!

 

それでは。

ナツネより。