くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

大学生にとってのグローバル化とは。【世界について考えてみた、その一】

皆さんこんにちは、ナツネです!

今回は現役大学生が頭をひねって導き出した「グローバル化とは何か」について考察してみました。

 

 

グローバル化とはそもそも何なのか?

f:id:kumono7genme:20181207234555j:image

グローバル化と聞いて連想する言葉はいくつも出てくるのではないでしょうか?

 

例えば自由貿易や産業の空洞化、フェアトレードマクドナルド化多国籍企業など

 

まず、グローバル化とはなんなのでしょうか。

社会的あるいは経済的な関連が、旧来の国家や地域などの境界を越えて、地球規模に拡大して様々な変化を引き起こす現象である

ウィキペディアより)

 

グローバル化の概念は範囲が広すぎて説明が難しいですね。

 

と言うことで今回は具体例から着目してみようかと思います。

 

 

多国籍企業について

始めに具体例として、多国籍企業について考えてみました。

私の意見を述べますと、

国内の一般企業がグローバル化することにより社会的に発展できるのではないかと考えました。

 

理由としては、

国内の人々だけの知識や経験に頼る経営はいつか限界がくると思ったからです。

 

活動拠点を自国だけにせず、様々な国と知識を共有することで、世界的に大規模な企業になるのでは?

 

現在、世界的に活動している企業を挙げてみます。

例えば、マクドナルドやコストコスターバックスgoogle、アップル、コカ・コーラ

 

また、多国籍企業で日本に本社がある企業は

トヨタ自動車セブンイレブンサントリーホールディングスなど。

 

誰でも知っている名だたる企業ばかりですね。

 

でも本当に企業のグローバル化を今後進めていくべきなのか?

 

確かにメリットは多いが、、、

デメリットがないわけではありませんよね。

 

では、メリットから考察していきます。

 

メリット

  1. 安い賃金で雇用することができる。
  2. 現地にいる優秀な人材を雇用できる。
  3. 製品やサービスに必要な原料調達の確保が容易になる。
  4. 一定水準の品質や基準が保証され消費者の信頼や支持を得てブランド力が上がる!
  5. 1や3によるコストの削減

→研究開発や設備投資はお金を回せるようになる

さらに技術が進歩する

 

次にデメリット。

デメリット

  1. 現地の人材確保・管理の難しさ
  2. 産業の空洞化が進む
  3. 模造品が増加する
  4. 海外赴任による人件費の増加
  5. 為替変動によるリスクの高さ
  6. 文化の衝突により、関係が悪くなる

 

考えれば考えてくるほど出てくるので今回はこの辺で抑えておきますが、このようなメリットやデメリットがある事がわかりました。

多国籍企業って規模が大きい分、企業だけでなく、国全体でリスクが付きまとってきますよね。

 

 

文化による衝突

それでは次に、文化による衝突とは何か。

実際に起きた問題を例に挙げてみようと思います。

 

日本には対して影響はでなかった「食」について。

それはお寿司。

f:id:kumono7genme:20181207234858j:image

 

例えば、

・箸がうまく使うことができない

・巻き寿司など、手づかみで食べることを嫌う

・生ものをあまり好まない

 

もちろん現在ではアメリカやオーストラリア等海外のスーパーでもよく見かけます。

日本では見かけない組み合わせの寿司も中にはあり、現地の人好みにアレンジされていたりと、独特の進化を遂げていますよね。

海外で日本食を取り扱うお店でお寿司を出す店舗も増えました。

 

実はここに辿り着くまでに色々な試行錯誤がされていたんです!!

 

例えばお寿司の中でもカリフォルニアロールがありますよね。

初めは魚を生で食べる寿司を受け入れられませんでした。

しかし、生ものをアボカドやかまぼこなどに変えていくことでこの問題を解決しました。

 

このように、

寿司だけではなく様々な物、場面において、文化の違う国同士がそれぞれの文化を融合することで、多様性を得てきました。

同時に競争力を生み、時には進化することによって問題を解決し、更なる発展をしていきました。

 

つまり、国内の企業がグローバル化することによって社会的に発展することができると考えてみました!

 

 

世界規模で文化の結びつきが深まるのでは?

 

つまり、文化のグローバル化が重要なのでは?

 

文化のグローバル化とは、自国の文化と異国の文化によって新たな文化が生まれるように、異なる文化と文化が交流して影響し合うこと。

 

例えば、ライスバーガーやカリフォルニアロールなど…(先ほども例に出しましたが(._.))

 

あと、スリッパもそうなんです!

土足で部屋に上がる文化と日本の土足厳禁の文化が交流して、室内で履物を履いて上がれるようにしたのがスリッパ。

 

このように文化を融合することで新たな文化が生まれる。

 

一方で、文化のグローバル化が進むことによって起こるデメリットもあります。

それが文化の侵食

 

各国その国本来の文化が消失されていたり、私たちより若い、次の世代にはその文化が消失されている可能性だってあるのです。

 

そして、文化が消失することにより各国の風情が失われ多様性に乏しくなってしまうでしょう。

 

 

以上のことを踏まえて、

私はグローバルに合わせ、異文化との融合、又は時代のニーズにあった伝統文化の近代化をしていくべきだと思いました!

 

どちらかを変えたり無くしたりするのではなく、必要に応じて一部を変化させ時代に合った独自の文化を作り上げていくことが大切だと感じました!

 

 

 

人によりグローバル化の定義は色々ありますし、議論も様々ですよね。

皆さんもグローバル化について一度考えてみてはどうでしょうか。

 

それではまた次の記事で。

ナツネより。