くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

大手フリマアプリ、比較してみました!!【ベスト5】

 

フリマアプリについて

f:id:kumono7genme:20181106130651j:image

スマホ社会の昨今、誰でも簡単にできるフリマアプリを、皆さん一つはスマホの中にインストールしているのではないでしょうか。

自分の不要な物を、スマホ一つでいつでも何処でも簡単に出品することが出来ます。

 

大手フリマアプリ企業は業績も良く、CM広告を出す等、ますます利用者は増加していく傾向にあります。

 

そんな私も、フリマアプリのヘビーユーザー。

そんな私が、今回フリマアプリの違いや特徴についてご紹介していきたいと思います!

 

フリマアプリ各社の違い 

f:id:kumono7genme:20181106163408p:image

フリマアプリと検索すると、マイナーなものを含めると、いくつもヒットします。

そのくらい今フリマアプリ市場は加熱しているのです。 

そこで、今回私がご紹介するのは業界大手である、メルカリ、ラクマ(旧フリル)、ヤフオク、そして専門性の高いフリマアプリであるminne、ブクマです。

 

メルカリ

フリマアプリで最も有名なのがメルカリですね。

今年で5周年を迎え、利用者数も月間1000万人、累計出品数は10億品と、最大手と言っても過言ではありません。海外進出もしており、今後の更なる市場拡大を期待されます。

 

1番のポイントは、やはり利用者数の多さですね!!

その分出品数、商品の閲覧数も多くなり、他のアプリよりも売れやすいと言われます。

 

ただ、以前は手数料無料だったのですが、現在は販売手数料が売上金の10%となっています。

おそらくメルカリの施設運営等の費用に回されるので、それを高いと思うか安いと思うかは人それぞれです。

 

支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ払い、auかんたん決済、d払い、ATM払い等多種多様。さすが大手、利用者に優しい仕様となっています。

 

個人的には、まず出品したい物の相場をメルカリでチェックしてから、メルカリや他のフリマアプリで出品する際の販売価格を決めるのがオススメですね!

また、メルカリでは値下げ交渉が激しいので初めから少し高めで出品しても良いかもしれませんね!

 

ラクマ

ショッピングモール最大手である楽天が運営するフリマアプリ。

 

元々は「フリマ」と「ラクマ」二つのアプリが別々にありましたが、現在はラクマに統合されています。

実はメルカリよりも、古参のアプリなのです!

ご存知でしたか?

楽天運営の為、購入の際楽天カードを持っていると、とてもお得にポイントも貯められ一石二鳥!

もちろん楽天カードをお持ちで無くとも、ご利用いただけるのでご安心を。

(出品のみしていく予定の場合、楽天カードは有っても無くても変わらないようです。)

 

メルカリと同様基本無料ですが、販売手数料は3.5%となっています。

メルカリの10%と比べると、大分安いかと思います。

支払い方法はクレジットカード決済、コンビニ払い、d払い、auかんたん決済、楽天ペイ等幅広く設定。メルカリ同様あらゆる利用者に対応しています。

 

私はメルカリとラクマを日頃愛用しています。

大手で手数料がお得なのが1番の決め手ですが、やはりメルカリと比べると出品数は少ないです。

手数料を取るならラクマ

出品数の多さを取るなら、メルカリでしょう。

 

ヤフオク

ヤフオクはYahoo!の運営するオークションサイトと認識されていますが、実はフリマモードも存在するのです。

 

オークションとは違い自分の希望価格で販売する事ができます。

大手ヤフオクによるフリマなので安心して利用する事が出来ます。

又、オークションではヤフープレミアムという有料会員になる必要が有りましたが、フリマモードでは有料会員でなくとも利用する事が可能なんです!

他にもYahoo!による代金支払い管理サービスがあるため出品詐欺を防ぐことが出来ます。

 

しかし販売手数料が有料会員なら8.6%、有料会員ではないなら10%となっており、

更に決済方法がヤフーかんたん決済のみ、

配送方法は1種類のみとなっています。

 

minne

 minneは、ハンドメイド作品を売買するフリマアプリです。

 

主に女性に人気ですね。

アクセサリーや雑貨、食品等ハンドメイドの物ならなんでも売買できます。

最近は完成度が高く、且つ個性的で世界に一つだけの物が買えるという事で、ハンドメイド作品を買う方がとても多いです。

 

アプリだと展示会やお店に行かずとも色々な作家さんの作品を観て購入することが出来るので便利で良いですよね。また副業としてハンドメイド作品を作ってみるのも◎

 

販売手数料は10%。

支払い方法はクレジットカード決済、銀行決済、Apple play、Google play、コンビニ払い、代引き等多種多様。

利用者には嬉しいですよね。

 

ブクマ

ブクマは古本専門フリマアプリなんです。

ブックオフ等の古本屋さんに行かなくてもアプリさえあれば簡単に出品・購入が出来るんです!

 

フリマアプリだと本の値段を自分で設定出来るので、古本屋さんで下取りする際に本の値段を買い叩かれる、という事態も防ぐ事が出来ます。

又出品方法も、本の裏表紙にあるISBNコードを読み取るだけで○なので、とても楽!

 

販売手数料は10%。

支払い方法は現在クレジットカード決済(VisaまたはMastercard)のみ。

 

ココナラハンドメイドで作品を探す

 

使い分ける事が重要

以上、5社をピックアップし比較してみました。

 

全てのフリマアプリにおいて言える事は、

出品する際は各フリマアプリで販売履歴があるか、又販売価格がどのくらいか確認した上でどのアプリを使って販売するか決めるのが◎

 

それぞれ長所、短所があるので、利用者はニーズに合わせて各フリマアプリを使い分けましょう!

 

それでは。

by ナツネ。

 

ググるよりも早く高利益商品を見つけ出すツールがついにリニューアル