くもの七限目

理系大学生の学校生活や日常、留学、オススメのグルメや映画などの情報を幅広く発信していきたいと思っています。

【ネタバレ注意!】"ファンタスティック・ビースト2"公開初日に見てきた!!

 

11月23日。

そう、待ちに待った、"ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生"の日本公開日。

 

ハリーポッターの大ファンであるナツネ。

 

公開日に早速観てきましたぁぁぁぁぁぁぁぁあ!

(ごめんなさい、興奮が収まらない…)

 

今回、折角なので出演者の演技、声がよく分かる字幕での鑑賞をしました。

 

f:id:kumono7genme:20181124131928j:image

 

 

 

まずはファンタビ2の説明を。

 

ファンタビ2

 

f:id:kumono7genme:20181124210711j:image

 

J・K・ローリング作魔法ワールド新シリーズ、"ファンタスティック・ビーストと魔法使い"の旅の続編である今作。

 

時系列的にはハリポタより過去の物語で、スピオフ作品として制作されています。

 

またハリポタではアメリカ・ニューヨークを舞台としていましたが、ファンタビではイギリス・ロンドンが舞台となっています。

 

 

次にあらすじを紹介。

 

あらすじと感想は、若干ネタバレ含みますので、見たくない方はUターンして下さい!

一応あらすじは公開直後という事を配慮し、物語始めの1/3程度のみ書いております。

同じく物語の核心については、わざと記事ではあまり触れておりません。

完全ネタバレは後日時間があれば記事にする予定です。

 

あらすじ【ネタバレ注意】

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の3ヶ月後。黒い魔法使いであるグリンデルバルドが魔法省に拘束されている場面から物語は始まる。

厳重警備の元、移送する手はずだったが、グリンデルバルドの巧みな計画により移送が失敗し、逃亡されてしまう…。

逃亡したグリンデルバルドは新たな理想の世界を作るために支持者を集め出す。そこでクリーデンスに目を付ける。

 

 所変わって、前作でイギリスを半壊させ、海外渡航を禁じられていた主人公ニュートは、魔法省に闇払いとして入ることを条件に海外渡航を許可するという話を持ちかけられた。

ニュートはこれを拒否。

そして監視の目を掻い潜り恩師ダンブルドアの元へ。その後、ニュートはダンブルドアの指示により秘密裏にパリへと渡る事に。

 

一度帰宅し魔法動物の世話をしていたニュートの元にクイニーとジェイコブが。クイニーは姉ティナが雑誌を見て、ニュートがリタ・レストレンジと婚約してしまったと誤解をし、新たに恋人を作ってしまった事を報告。

クイニーとジェイコブは相思相愛で交際しているが、どうしても婚約をしたいクイニーと、一方でマグル(ノーマジ)である自分と結婚するとアズカバン行きとなってしまうとクイニーを心配し反対するジェイコブは喧嘩をしてしまう。その後些細なすれ違いが元で大変な事になってしまうとは露知らず……。

 

 

感想

前作は多くの魔法動物が登場した一方で今作は魔法動物は登場するものの、どちらかというと魔法界での話が中心に。

よりハリー・ポッターの世界観に近づいた様に感じます。

 

またグリンデルバルドの本当の野望が判明!!

そして前作同様クリーデンスが重要なキーを握ってます!!

もはやクリーデンスが主役なんじゃないの、というくらい物語において主役並みの大事な役柄となっています。

 

 

新登場の魔法動物

ニュートは魔法動物学者という設定の為沢山の魔法動物が物語には出てきますが、

今回新たに日本古来の伝説的生物である「河童」と、中国の伝説的生物「すうぐ」をモデルにしたズーウーが登場。

 

f:id:kumono7genme:20181124210233p:image

 

「ん、え、河童⁉︎なぜそこ河童なんだ?河童って魔法動物だっけ?」と個人的には思ったのですが今はほうっておきましょう。

 

もしかしてニュート役エディ・レッドメインさんや著者であるJ.K.ローリングさんが「物語に出てくるあるキャラクターは皆を驚かせるだろう」的なコメントをしていたものの答えがコレではないかな?

(あくまで私の個人的な推測なので、合ってるかは分かりません)

 

河童はほんと紹介程度の登場で、ズーウーがかなり活躍していました。

虎の様な、猫の様な、ネコバスにも近いズーウー。

え、1日に千里も走る?

なんて便利なんだ。

ニュートの様に私も乗りこなしてみたい。

 

やはり魔法動物達の愛くるしい姿は可愛く、翻弄されつつ世話をするミュートは観ていて面白かったです。 

 

クイニー&ジェイコブ

f:id:kumono7genme:20181124210411j:image

私、クイニーとジェイコブの恋愛模様が凄い好きです。

二人ともキャラ可愛すぎませんか⁈

物語において重要な立ち位置にいるクイニーとジェイコブ。

今後の二人の動向も気になりますね!

 

リタ・レストレンジ

1作目でも、ニュートの持っていた写真に写っていたが、本格的には今作からの登場。

ティナがニュートの婚約者と誤解した相手。

実際はニュートではなくニュートの兄テセウスの婚約者。

リタとニュートはホグワーツ時代の同級生です。

 

ファンとしては、名字のレストレンジが気になりますよね!

そう、レストレンジ家はヴォルデモート卿の従者ベラトリスクの嫁ぎ先の家であり、純血の一族。

 

ハリポタでは純血の一族は、純血主義のため闇の魔法使い側の者が多いですが、リタはどうでしょうか。

個人的にはリタが何故嫌われ者か分かりませんが、嫌いになれないキャラでした。

力強く知的で勇敢な性格故に弱点を見せずなかなか心の傷が癒されない様がなんとも言えない(泣)

ファンタビ2ラストでの出来事も悲しすぎますね。

 

 

ハリポタとの関係性が一気に強くなり、伏線が沢山出てきました。

今後回収されるであろう伏線が作中にいくつかばら撒かれており、観ていて「ん?」と思う所があったので、もう一度見直したい。笑

 

そしてこれに限ったことではありませんが、CGを使った撮影の中でこんなにも器用に演じられる俳優は凄いと思います。

勿論事前に動物園で世話をしているスタッフに話を聞く等の準備をした、とTVインタビューで話していましたが、やはり演技力の高さが素晴らしい!!

私なら出来ません。(←当たり前ですね(^∇^))

 

 

ナツネのファンタビシリーズの評価

個人的な主観による全体的な評価をすると、

ハリーポッターシリーズ(以下ハリポタ)の大ファンですが、このファンタビシリーズに関しては今の所ハリポタ程引き込まれません。

 

前作・今作共に観ていますし、勿論細かい設定、内容、人間ドラマも流石面白いです。

しかしただの面白い物語映画(ファンタジー)を観ている気分。

なんだろう、、、理由としてはハリポタを求め過ぎて物足りないだけなのですが。

 

 

前作は魔法動物ばかりが登場し、ハリポタの世界観をまた感じられる、と期待しすぎた結果あまり楽しめず…。

それに比べると今作は上にも記したように、世界観は感じられる内容だったのですが、シリーズ物というのもあり、まだまだ物語の序盤感が激しく終わり方も中途半端でした。

(よくある、つづく…みたいな)

 

シリーズ物でも、ハリポタでは1作品ごとに話が展開されその都度区切られていたのに対し、ファンタスティック・ビーストでは次(の作品)の為の説明感が強いんですね。

 

…と、批判的なコメントになってしまいました。( ̄∇ ̄)

決してファンタビが嫌いな訳ではないですよ!

むしろ好きだからこそのダメ出しです。

 

あくまで個人的な感想なので、ご参考までに。

とはいえ、また次回作も放映されたら観に行こうと思います

 

 

映画鑑賞後はパンフレットを購入。

鑑賞後、パンフレットも買ってきました!

パンフレットは映画館内の売店で販売していますよ。

表紙中央には背を向けるグリンデルバルドの姿が。

f:id:kumono7genme:20181124131044j:image

 

少しだけ中をチラ見せ。こんな感じ。

 

f:id:kumono7genme:20181124131116j:image

主要な登場人物の紹介、俳優・映画監督・著者へのインタビュー記事などが載っています。

 

是非劇場へ!

さてさて、ニュートは無事ティナの誤解を解けるのか⁉︎

ティナとジェイコブの仲はどうなるのか⁉︎

皆さんも是非劇場に足を運びましょう!!

それでは。 by ナツネ。

 

Huluプレミア